So-net無料ブログ作成

高梨沙羅 父の仕事が新ジャンプ? [父]


スポンサーリンク



高梨沙羅の父親の高梨寛也(たかなし・ひろなり)さんは、現在北海道上川町で
焼肉店経営の仕事をされているようです。

E4B88AE5B79DE9A7853.jpg
http://ken2-jousyasatsuraku.blog.so-net.ne.jp/2013-10-08



高梨沙羅 日体大で父の仕事が新ジャンプ?

父の寛也さんは北海道上川町出身で、元スキージャンプの選手だった経歴の持ち主。


あの長野オリンピック団体で金メダリストの原田雅彦は、上川小・中学校のジャンプ
少年団で1年後輩
だったとか。


父の寛也さんは日体大出身でスキー部に所属し、フィンランドでのスキー留学
体験もあるようです。


スキーとの縁は日体大卒業後も切れず、現在北海道の地元でスキーチーム運営の
仕事をしながら、焼肉店経営を始められたとか。

ad23f527.jpg
http://hinomoto.jpn.org/archives/33061.html

高梨沙羅が所属しているクラレのクラブチームでは、監督の仕事にも就かれている
ようですね。


また高梨沙羅が日体大に飛び級入学したことで、父の寛也さんに新たにスキー部
ジャンプコーチの仕事
の話も持ち上がっているそうです。


高梨沙羅選手のスキージャンプの活躍は、父親の寛也さんの仕事の場を広げること
になり、父娘で相乗効果があるのかもしれませんね。



日体大と早大が高梨沙羅争奪戦!

高梨沙羅の日体大飛び級入学が決まる以前に、大学スキー部の名門早稲田大学も
高梨沙羅選手の入学を狙っていた
ようですね。

583ea7f23a11bb1a55eece8d3747c555.jpg


高梨沙羅は、女子スキージャンプでW杯総合2連覇、優勝総数24勝、W杯7連勝
など前人未到の記録を更新中の選手。

大学スキー部の名門大学であれば、絶対入学してほしい選手です。


日体大との争奪戦の結果、結局早大ではなく日体大に決まったのは、父親の寛也さん
の存在が大きかったのではないでしょうか。

20140128k0000e050179000p_size5.jpg
http://mainichi.jp/sports/news/20140128k0000e050173000c.html

日体大は高梨沙羅選手の両親の母校であるし、加えて強化費が出ることも
決め手になったようです。


早大では強化費が出せなかったそうですが、日体大では出たとか。

一部週刊誌で、日体大が出す強化費が2500万円と報じられて話題に。


現在クラレ所属の高梨選手ですが、大会出場の際日体大ではクラレ所属でOK、
早大では所属先を早稲田大学にして欲しかったようです。

早大では独自カリキュラムを組んで、高梨沙羅選手の入学を望んでいたという話も。



高梨沙羅にとって早稲田大学入学も魅力があった気もしますが、こういう時は父親の
寛也さんの助言が大きいのではないでしょうか。


日体大でスキージャンプコーチの仕事に父の寛也さんが就けば、高梨沙羅選手に
とってジャンプに集中できる環境と、将来の準備が共に強まったと言えますよね~。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。