So-net無料ブログ作成

高梨沙羅 父は幻のジャンプ名選手? 父画像はコレ! [父]


高梨沙羅 父は幻のジャンプ名選手?

高梨沙羅選手の父の寛也さんがジャンプ選手の道を歩いていたら、
名選手になっていたかもしれませんね。

1088e95e.png
http://sportswood.info/archives/219


父親の寛也さんは小・中学生の頃、北海道上川町にある上川小学・中学校
ジャンプ少年団で、長野五輪男子スキージャンプ金メダリストの原田雅彦と
一緒だったそうです。


父の寛也さんは、原田雅彦の1年先輩なのだとか。


この頃は地元での能力評価は、父の寛也さんの方が原田雅彦よりも
上だったそうです。


その後寛也さんは日体大でスキー部に所属し、ジャンプ選手として研鑽を
積むのですが、卒業後選手としての道を歩まなかったようです。


原田雅彦より評価が高かった寛也さんが、ジャンプ選手としての道を選んでいたら、
オリンピックに出場した選手として有名になっていたかもしれませんね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ■高梨 寛也(たかなし・ひろなり)さんのプロフィール

  1968年(昭43)1月13日生 46歳

  北海道上川町出身
  *上川小・中学ジャンプ少年団で、1年下の長野五輪団体金メダリスト
    原田雅彦と一緒に練習する。

  日本体育大学卒業生
  *日体大在学中にフィンランドスキー留学

 ------------------------------------
  現在上川町で焼肉店経営

  上川小・中学校ジャンプ少年団を指導運営

  2013年5月クラレ発足のクラブチーム監督



高梨沙羅 ジャンプ少年団を復活させた父!

高梨沙羅選手がスキージャンプに目覚めたのも、父の寛也さんの
経験が生かされた独自の英才教育が大きいようですね。


高梨沙羅出身地の北海道上川町は、人口4000人の町。

E4B88AE5B79DE9A7853.jpg
http://ken2-jousyasatsuraku.blog.so-net.ne.jp/2013-10-08

この上川町には北海道でも珍しい、20メートル級と40メートル級の
ジャンプ台があるのだそうです。


当然子供たちがジャンプを学ぶ、ジャンプ少年団が存在。


父親の寛也さんは子供の頃ジャンプ少年団で、長野五輪スキージャンプ
団体金メダリストの原田雅彦と一緒に練習に励んでいたのですね。


このジャンプ少年団は、指導者がいなくて休止状態になっていたそうです。


それを復活させたのが、高梨沙羅の父の寛也さん。


寛也さんは上川ジャンプ少年団の指導者に就任し、4歳年上の
兄の寛太さんも入団。


2人の同級生も入団したのですが、高梨沙羅はクラシックバレエをやっていたので、
最初の頃はやらないと言っていたそうです。


でも高梨沙羅はジャンプ台の周りで雪遊びしながら、お兄さん達の
練習を見ていたのですね。


gll1401130900000-p8.jpg
http://www.sankeibiz.jp/gallery/photos/140113/gll1401130900000-p8.htm


ジャンプの練習が楽しそうに見えたのでしょうか。

そうして高梨沙羅は小学2年生の時、父に直談判しジャンプを始める
ことになるのです。



高梨沙羅 父は名コーチ?

少年団での寛也さんの指導はスパルタ教育だったようです。


ジャンプ着地瞬間のシミュレーションのために行ったトレーニングは、
体育館の舞台の上にとび箱と椅子を重ねて、マットを敷いた床にうつ伏せで
ダイブするというもの。


子供たちの多くは恐怖で姿勢を崩し、着地に次々と失敗したとか。

顔面を強打する子たちも。


高梨沙羅は、このトレーニングをすぐにクリアしたそうです。


寛也さんの話ではトレーニング目的は、”高いところから落下する際の恐怖を
なくすこと、飛行中の姿勢を安定させること。”にあるそうです。
 


上川ジャンプ少年団での夏季練習も、高梨沙羅にとって大きかった
みたいですね。



高梨沙1.jpg
http://n-jinny.com/3267.html


上川町にはローラースキー用ジャンプ台があり、高梨沙羅は夏に練習を
繰り返すことで、踏み切りのタイミングの正確さを身につけたそうです。


高梨沙羅のジャンプの活躍は、このような父の寛也さんの基礎訓練の上に
あるのですね。

だから沙羅選手にとって、父親の寛也さんへの信頼はとても篤いとか。



2013年W杯第8戦は、父親の寛也さんの誕生日と重なった日。


”優勝を父にプレゼントしたかった”と語った高梨沙羅は、逆転勝利し
大喜びしたそうです。


その姿を見た娘を持つお父さん達、すごく羨ましがったみたいですね~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高梨沙羅の父はアイディアマン! 母は焼肉屋をオープン! [父]


高梨沙羅の父の寛也さんはかってジャンプ選手で、北海道上川町の地元スキーチームの
運営をされていますが、母親の千景さんは焼肉屋をオープンされたようです。


top.jpg
http://n-jinny.com/3267.html



高梨沙羅にちなんだ焼肉メニュー

母の千景さんの焼肉屋では、高梨沙羅選手にちなんだメニューもあるとか。


それは高梨沙羅が小さかった頃、食が細く食べないので、母親の千景さんが
工夫して編み出したという手料理。


その特製メニューとは、ニンニクをたっぷり効かせた豚肉の生姜焼きに、
リンゴやナシを擦りこんだものだそうです。


この焼肉手料理を食べるようになって、高梨沙羅選手は成長できたという
わけでしょうか。


gll1401130900000-p7.jpg
http://www.sankeibiz.jp/gallery/photos/140113/gll1401130900000-p7.htm


焼肉屋オープンの際、お披露目パーティに報道陣を呼んだことから、
マスコミ激怒焼肉事件としてネットで広まっているようです。


父の寛也さんは高梨沙羅選手が世間に注目されている中、せっかくなので
マスコミを活用しようと考えたのかもしれませんね。



高梨沙羅 父のアイディアマン英才教育

高梨沙羅が小学2年生の時、兄の寛大さん達がスキージャンプを教わっているのを
見ていて、自分もやりたいと父親の寛也さんに直談判したそうです。


そうして始まった父の寛也さんのジャンプ英才教育。

gll1401130900000-p5.jpg
http://www.sankeibiz.jp/gallery/photos/140113/gll1401130900000-p5.htm


その内容はアイディア満載、思いつく限り全てのものを寛也さんは
トライしていたようです。


まず父の寛也さんはジャンプ台を自宅に作り、高梨沙羅の体に
フォームを叩き込ませたとか。

またダイエット用振動器具の上で助走(滑降)姿勢を取らせる、
バランスボールに乗ったままお兄さんと相撲を取らせたりするなど。


考えつくアイディアを娘のジャンプ教育に注ぎ、その成果が現在の
高梨沙羅選手を作っていると言えるようです。


焼肉屋オープン時のマスコミを激怒させたという事件も、
同様のケースだったのかもしれませんね。


父の寛也さんのアイディアマンぶりが、ここでも発揮されたわけですね~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高梨沙羅の父に報道陣がずっこけ!マスコミ激怒焼肉事件! [父]


女子スキージャンプで躍進中の高梨沙羅選手ですが、彼女と同じくらい報道陣に
話題を提供しているのが父親の寛也(ひろなり)さんです。


高梨沙羅選手は17歳。

44bb72d5.jpg
http://club-alpine.blog.jp/archives/2012-09.html

まだ未成年だし、父親がマスコミに登場するのは必然かもしれませんが、スキー界では
寛也さんの方が有名という声もあるようです。



高梨沙羅父のマスコミ激怒焼肉事件

父の寛也さんが報道陣とのやりとりで話題になっているのが、マスコミ激怒焼肉事件



2013年の夏、スポーツ紙の五輪担当記者が語ったところによると、高梨沙羅の父親
寛也さんからスキー担当記者に緊急招集がかかったそうです。

何かあったんではないかと各社30人以上の報道陣たちが、北海道上川町の高梨家に
集まったとか。

札幌から車で約3時間。

にもかかわらず、父の寛也さんが提供した緊急招集の理由は、報道陣たちの思いとは
裏腹なものだったようです。



その日は高梨沙羅の母親の千景さんが焼肉店をオープンし、そのお披露目
パーティを開いた日


ad23f527.jpg
http://hinomoto.jpn.org/archives/33061.html

父の寛也さんは報道陣に、

“皆さんの力で店を有名にしてやってください。沙羅の記事に盛り込んでもよし、テレビや
新聞でぜひ紹介してほしい”

と挨拶したため、記者たちは大きな期待はずれで皆ずっこけたとか。


5000円の会費まで取られたので、高梨沙羅の父に報道陣が受けたマスコミ激怒
焼肉事件として、噂が出回ったようですね。



高梨沙羅の父の寛也さんがしっかり者だということは、スキー界でも有名の様。


父親の寛也さんは、メディアの扱いがうまいことで知られる”ゴルフ界のさくらパパ”をもじり、
ジャンプ界のさくらパパ”とも呼ばれているようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高梨沙羅 父の仕事が新ジャンプ? [父]

高梨沙羅の父親の高梨寛也(たかなし・ひろなり)さんは、現在北海道上川町で
焼肉店経営の仕事をされているようです。

E4B88AE5B79DE9A7853.jpg
http://ken2-jousyasatsuraku.blog.so-net.ne.jp/2013-10-08



高梨沙羅 日体大で父の仕事が新ジャンプ?

父の寛也さんは北海道上川町出身で、元スキージャンプの選手だった経歴の持ち主。


あの長野オリンピック団体で金メダリストの原田雅彦は、上川小・中学校のジャンプ
少年団で1年後輩
だったとか。


父の寛也さんは日体大出身でスキー部に所属し、フィンランドでのスキー留学
体験もあるようです。


スキーとの縁は日体大卒業後も切れず、現在北海道の地元でスキーチーム運営の
仕事をしながら、焼肉店経営を始められたとか。

ad23f527.jpg
http://hinomoto.jpn.org/archives/33061.html

高梨沙羅が所属しているクラレのクラブチームでは、監督の仕事にも就かれている
ようですね。


また高梨沙羅が日体大に飛び級入学したことで、父の寛也さんに新たにスキー部
ジャンプコーチの仕事
の話も持ち上がっているそうです。


高梨沙羅選手のスキージャンプの活躍は、父親の寛也さんの仕事の場を広げること
になり、父娘で相乗効果があるのかもしれませんね。



日体大と早大が高梨沙羅争奪戦!

高梨沙羅の日体大飛び級入学が決まる以前に、大学スキー部の名門早稲田大学も
高梨沙羅選手の入学を狙っていた
ようですね。

583ea7f23a11bb1a55eece8d3747c555.jpg


高梨沙羅は、女子スキージャンプでW杯総合2連覇、優勝総数24勝、W杯7連勝
など前人未到の記録を更新中の選手。

大学スキー部の名門大学であれば、絶対入学してほしい選手です。


日体大との争奪戦の結果、結局早大ではなく日体大に決まったのは、父親の寛也さん
の存在が大きかったのではないでしょうか。

20140128k0000e050179000p_size5.jpg
http://mainichi.jp/sports/news/20140128k0000e050173000c.html

日体大は高梨沙羅選手の両親の母校であるし、加えて強化費が出ることも
決め手になったようです。


早大では強化費が出せなかったそうですが、日体大では出たとか。

一部週刊誌で、日体大が出す強化費が2500万円と報じられて話題に。


現在クラレ所属の高梨選手ですが、大会出場の際日体大ではクラレ所属でOK、
早大では所属先を早稲田大学にして欲しかったようです。

早大では独自カリキュラムを組んで、高梨沙羅選手の入学を望んでいたという話も。



高梨沙羅にとって早稲田大学入学も魅力があった気もしますが、こういう時は父親の
寛也さんの助言が大きいのではないでしょうか。


日体大でスキージャンプコーチの仕事に父の寛也さんが就けば、高梨沙羅選手に
とってジャンプに集中できる環境と、将来の準備が共に強まったと言えますよね~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。